営業時間 13時〜20時
   定休日 月・金(祝実は営業。詳しくはこちら
   席料 600円
    こども教室など各種教室講座あり。詳しくはこちら
  Twitterも一応やっています。

2010年12月08日

部誌

 今年から静大の学生がときどき出入りするようになり、いろいろと楽しみだ。

 静大の囲碁部は何回か断絶があるらしく、現在の囲碁部は実質4年目という感じらしい。過去の歴史があるとはいえ、新しい部活と何ら変わりない。囲碁のことばかりでなく、部の運営のことなんかでもできるだけアドバイスするようにしている。ホームページを作るように勧めたらできあがり、棋譜の再現にも成功したようなので、今後とも楽しみ。みなさんもご注目を。

 静岡大学囲碁部HP
http://shizudaiigo.web.fc2.com/index.html


 もうひとつ勧めていることがあって、それは部誌の発行だ。何でも電子媒体の時代だから、部誌というのは時代遅れかもしれないが、それでも作る意義はあると思うし、何より制作自体が案外楽しいものだ。

 東大や慶応、東北大、京大といった所の部誌は製本されたものだったと記憶しているが、早稲田は一時期を除いて手作業で作っていた。A3の両面コピーで1枚の紙に4ページ分をコピーして、半分に折って重ねて本の形にする。重ねた状態で原稿がつながるようにするのでコピーの段階では一見ばらばらなページをペアにしていくので、慣れないと大変だ。そんなに難しくはないので慣れの問題だが。
 重ねた原稿を週刊誌のように綴じるためには特殊なホチキスが必要で、先輩が東急ハンズか何かに行って探して買ってきたような記憶がある。こんな感じのやつである。



 年2回のリーグ戦に合わせて2回、100部以上作っていたがなかなか良い思い出である。紙を折って重ねて綴じて。出来上がったときは素朴に充実感があった。今でも自分が編集した部誌は大切に取ってあり、よい思い出である。

 部誌制作をお勧めするもう一つの(裏の)理由もあるのだけど、それはここには書かないことにする。
posted by das53jp at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

左手

 私は右利きで、碁も右手で打つ。

 碁を打つ人ならわかると思うが、利き腕で打たないと調子が狂ってうまく打てないものだ。囲碁は頭で考えて打つものと決め込みがちだが、やはり人間は全身で碁を打っているのだと知る。普段の身体的な習慣を封じられると、思考にも変調をきたすものなのだ。

 話がそれるが、碁笥で石をじゃらじゃら鳴らしたりするのはマナー違反だが、そういう癖は一度つくとなかなか治らない。囲碁を打つことと深く結びついてしまった癖だけに、直そうとすれば碁の調子が狂い、碁を打つことに夢中になれば知らず知らずのうちに悪癖が顔を出してしまう。なにごともはじめが肝心で、入門時によい対局習慣を身につけるべきである。

 話を元に戻すと、数年前に思い立って左手でも右手と同じように対局できるように訓練を始めた。具体的には、棋譜並べを全部左手でするようにしたのだ。その年は棋譜並べは左手でしかしなかったが、1年でなんとか形になるようになった。案外時間のかかるものである。

 今でも右のほうがしっくりくるが、左手でも一応普通に打てる。左右使えばリーチが大きくなるので、多面打ちのときなどは非常に便利だったりする。

 右手と左手でのできの違いはよくわからない。公式戦のときは時計のたたき合いも想定するとどうしても右手になってしまう。いまだ左手で戦ったことはない。今度藤風会で試してみようか?
 
posted by das53jp at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

11月例会

 11月例会が昨日行われました。

◎A級

 優勝 小林和平
準優勝 渥美敏行


◎B級

 優勝 高畠健
準優勝 山本崇寿

、となりました。

 A級は和平の3連覇。0.5点ずつ点を挙げつつの3連覇です。
 始まる前に「勝ち過ぎて天狗になるといけないから負かしてやってください!」とみなさんにお願いしていたのですが・・・決勝戦は渥美さんがうまく打ち進めている印象でしたが、後半で挽回されてしまったようです。勝てそうな碁だったのでご本人もだいぶ悔やまれていました。

 B級は高畠さんが連覇。支部の大会やケーブルテレビ杯のハンデ戦など各種大会で絶好調のようです。山本さんは準決勝の大乱戦をものにするなど勢いがありましたが、最後は力尽きました。

 今回はB級の人数が増えてうれしかったのですが、こどもの参加が和平と石上君(名誠、3勝賞ゲット)の2名と少しさびしかったですね。
posted by das53jp at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

井山裕太 トップランナー出演

 日本棋院のHPによると井山裕太名人がNHKのトップランナーに出演するそうです。(こちら)観覧募集などもしているようなので、興味のある方はお早めに。

 囲碁界からは山下敬吾、張栩についで3人目でしょうか。張栩先生のときは特に面白い内容だったようにおもいますが、今回はどうでしょうか。井山名人自身の魅力もさることながら、取材側がどんな切り口で臨むかがポイントで、非常に難しいところかもしれません。囲碁界を一般にアピールするよい機会なので、名人の頑張りに期待しましょう。
posted by das53jp at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

11月藤風会

 昨日は藤風会でした。

参加者:忽戸義行、桑原宏光、佐藤慶一、諏訪部和樹、増田謙一郎、宮下博之、渡辺広男、松田浩和

 優勝は忽戸さんでした。おめでとうございます。

 先月優勝の諏訪部くんは1回戦で桑原さんに勝利し連続優勝かと思わせましたが、2回戦で忽戸さんに打ちとられました。その忽戸さんと慶一君を破った渡辺さんの決勝になりましたが、割とあっさり忽戸さんの勝ち。黒番に攻勢に立って渡辺さん好みの碁に見えましたが。

 私のほうは慶一君に負け、桑原さんに負け。謙一郎さんが早めに切り上げてしまい2局で打ち止め。先月といい今月といい、いいところがなかったです。

 来月は12月12日に行う予定です。
posted by das53jp at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

今度の日曜日は藤風会

 今度の日曜日は藤風会です。
 アマ高段者というのが参加条件なので参加できるひとは限られますが、見学は自由です。(並行して一般営業もしています)強い人の碁を見物するのは有益な上達法ですので、興味のある方は是非どうぞ。


 ついでの情報になりますが、静岡大学囲碁部のホームページができました
 
 静岡大学囲碁部 http://shizudaiigo.web.fc2.com/index.html

 今後の発展に期待しましょう。


posted by das53jp at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

静大の結果

 中部学生リーグに参加した静大ですが、愛知工業大学に勝利して勝ち点を挙げたとのことです。勝ち数などの関係で最下位脱出はならなかったようですが、全体的には以前よりも上向きの成績のようです。電話で話を聞いただけなので細かいことまではわかりませんが、それなりに手ごたえのある結果だったようです。よかったですね。
 どんな勝負をしたのか、時間のあるときに棋譜を見せてもらおうと思います。
posted by das53jp at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

難易度は低め



 本日戸田書店でじっくり立ち読み。想像した通りよい問題集だと思います。
 難易度は思ったよりも低く、読者層は広そうだと思いつつも、個人的には購入する意欲はあまり湧きませんでした。(もうちょっと難しい問題があると楽しめた)



 まだ10局ぐらいしか並べていませんが。
 並べていて感じるのが負け碁が結構多いこと。タイトル戦ならまだしもリーグ戦の負け碁などもあります。秀行先生に初対局でボロボロに負けた碁なんかは印象深かった記念の1局ということでわかるのですが、なかにはなんでその棋譜を選んだのかという理由がよくわからないものも。私は打碁集=勝碁集でなければならないとは考えてないのですが、負け碁を掲載するにはそれなりに理由が必要だと思います。
posted by das53jp at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 棋書批評速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

持ち時間変更

 何度も書いている気がしますが、藤風会の持ち時間を変更しようかと迷っています。現在は40分切れ負け。

 個人的には悩んでいるというよりもむしろ変えたい。せめて40分+20秒くらい確保してでじっくり打って、検討してみたいというのが本音です。学生時代の75分+30秒とか秒読み昨日のついたデジタル手合時計を5台も保有していても使う機会がないのはもったいないですし。

 県の予選は40分切れ負けが基本で、長いと50分切れ負け、地区予選だと35分切れ負けで、現在の設定は県内の棋戦を戦う意味では最も適切なものです。たぶん不満を感じている人はほとんどいないと思います。そこが問題。次回の藤風会のときにアンケートを取ろうと思っていますが、現状で満足という意見が大多数ではないかと予想しています。(メールで連絡を取れる人にはすでに意見を伺ったりはしています)

 秒読みをつけると対局時間が増えるので、1日3局消化で1回ごとの表彰という運営の仕方もだいぶ変えねばならず、そこのルール作りも頭の痛いところです。

 変更するにせよ、いろいろな準備が必要なので実施は1月とか4月とか先の話になるでしょう。
posted by das53jp at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

意外な結論

 今日は昼間にちょっと意外な出来事がありました。あまりよくないことで、ちょっと心配です。。。

 まあそれはそれ。

 火曜日は夕方からは高校生教室なのですが、高校生は一人も来ず。困ったものです。
 東高OGのなっちゃんは久しぶりに練習に来てくれてました。卒業しても囲碁を練習に来てくれるのはうれしいかぎりですね。なっちゃんの話が面白すぎて、個人指導に来ているお客さんが指導合に集中できなくて困っていました。

 練習後の雑談で、最近東高の棋道部員があまり練習に来てくれないという悩み(?)を打ちあけてみたら、なっちゃんのひとことから意外な結論に。これで東高の部員たちは練習熱心になってくれるのだろうか?
 
 今日は意外なことが多い一日でしたね。
posted by das53jp at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。