営業時間 13時〜20時
   定休日 月・金(祝実は営業。詳しくはこちら
   席料 600円
    こども教室など各種教室講座あり。詳しくはこちら
  Twitterも一応やっています。

2010年12月20日

坂井秀至「自戦細解」



 文字通り自戦細解。名局細解としなかったところがらしくはある。ささやかな自己主張。名人リーグでの対局が多い。碁聖獲得で脚光を浴びた坂井先生だが、それ以前に名人リーグに定着して活躍しているところも素晴らしい実績である。お薦めします。

------------------------------------------

 追記。
 先ほど書店に立ち寄ったら



も一緒に出ていた。すべて自戦細解に改めたようだ。
posted by das53jp at 10:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 棋書批評速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

これは買いの一手



 週刊碁に連載されていたものをまとめたもので、題材の選び方も解説もよく◎。秀策本はいろいろあるので重複の問題はありますが、まず鉄板の一冊です。「平易な運びの中にある対局観の確かさと深い読み」こそが秀策の魅力です。
posted by das53jp at 19:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 棋書批評速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

難易度は低め



 本日戸田書店でじっくり立ち読み。想像した通りよい問題集だと思います。
 難易度は思ったよりも低く、読者層は広そうだと思いつつも、個人的には購入する意欲はあまり湧きませんでした。(もうちょっと難しい問題があると楽しめた)



 まだ10局ぐらいしか並べていませんが。
 並べていて感じるのが負け碁が結構多いこと。タイトル戦ならまだしもリーグ戦の負け碁などもあります。秀行先生に初対局でボロボロに負けた碁なんかは印象深かった記念の1局ということでわかるのですが、なかにはなんでその棋譜を選んだのかという理由がよくわからないものも。私は打碁集=勝碁集でなければならないとは考えてないのですが、負け碁を掲載するにはそれなりに理由が必要だと思います。
posted by das53jp at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 棋書批評速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

まとめて評価



 いたって普通の内容。置き碁の本を持っていなければ、少し読んで気に入れば買ってみたら?というぐあいです。



 まだ内容は見ていませんが、間違いなく買い。(何と根拠のない推薦なのだろう!)この手の山田本にはずれはないはず。けして読みの力は10倍にはならないことと、面白い内容だということは間違いないでしょう。・・・ま一応本屋で内容確認したうえで購入予定。





 囲碁に全然関係ないが、最近読み返したくなった本。7,8年前読んだのだが素晴らしい内容だった記憶がある。購入しようと思ってもなかなかみつからず困っていたら、何と文庫化されるらしい。是非どうぞ。
posted by das53jp at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 棋書批評速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

中盤戦マスター



 気になっていたのだが、本屋にあったので立ち読みしてみました。
 中盤戦に頻出する攻めやさばきの筋形を問題形式で紹介している。シンプルで見やすい構成で、上級以上向けという感じ。基礎固めにはよい本でしょう。

 個人的には買わず。買う予定の本が多すぎるので。



 この辺りをいずれ購入する予定です。李昌鎬の下巻もそのうち出るでしょうし。

posted by das53jp at 14:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 棋書批評速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

待望の打碁集



 これは無条件に買いの1冊。師匠の打碁集みたいに下がなかなか出ないなんてことはないですよね?ちょっと心配。

 構成には難があり、説明が箇条書き、以下略の棋譜があるなどマイナス評価もあるのですが、あの李昌鎬の棋譜を沢山収録しているという点で評価は高くなってしまいます。個人的には以下略は許せない行為で、現代の名局シリーズを買う気になれない理由となっています。

 まだ見ぬ下巻と、『李昌鎬ファイル』『李昌鎬世界戦勝局集』を揃えれば、世界最強棋士李昌鎬の主要譜をおさえられるのではないかと期待しています。下巻も早く出てほしい。

posted by das53jp at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 棋書批評速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

秀行百名局

 『秀行百名局』をやっと並べ終わる。

 予想以上に面白かったので、「方円書庫」の記事を訂正しようかと思っている。秀行打碁集はいろいろあるのだが、この本の特徴は高尾評である。秀行の碁を解説するにあたって師の偉大さを伝えるとともに、碁そのものに真摯であった師のような態度で臨んでいるのがよくわかる。控えめながら高尾九段の自説も散見され、それが面白い。

 しかし、昔のタイトル戦は迫力があります。坂田との名人戦や木谷門+林海峰を迎えての棋聖6連覇などは非常に面白い。趙治勲小林光一時代までは、こういう雰囲気があったのですが最近はいまいちですね。最近の7番勝負で心から面白かったといえるのは高尾張の名人戦、張井山の2年連続の名人戦くらいでしょうか。
 思うのですが、昔の7番勝負はお互いに自分が世界一強いと思って戦っているようなところがあるんですが、今はどうもそうじゃない。(そう思えるような状況じゃない)現在の本因坊戦だって対局者は必死に対局していると思うのですが、迫力に欠けるのはそのあたりに原因があり、いたしかたないのかなとも思います。

 
posted by das53jp at 11:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 棋書批評速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

棋書いろいろ



 図解して面白い入門書ではあると思うけど、1巻にまとめてほしかった。



 依田先生の棋譜解説はとても面白いのでよいと思うのだが、構成がまずい。がっかりする。



 これはなかなか良い定石本でしょう。結城先生の本としてはやさしめで、よい意味でのマニアックさも無くなっていない。
posted by das53jp at 19:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 棋書批評速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

中京の父子鷹 打碁集〈上巻〉羽根泰正



 まだ4分の1ほどしか並べていませんが。

 非常にいい企画だとは思うのだが、構成の方針に何があるような気がしてならない。

 羽根泰正九段は、現代中京碁界の祖・島村俊宏九段の後を受けて中部総本部を牽引してきた棋士である。囲碁の世界は東京中心で、関西や名古屋の棋士というのはいろいろ差別されたりして苦労をしてきている。現在は中部総本部も関西総本部もタイトルホルダーやリーグ棋士を抱えて繁栄しているが、ここまで来るのはには長い道のがあり、羽根泰正九段はまさにその道を歩んできた棋士である。この打碁集を購入して期待したのは、そういう羽根泰正九段の囲碁人生、棋士としての生きざまみたいなものを読むことができるのではないかということだ。

 しかし、収録棋譜が多いこともあって解説も簡潔、対局の背景も最低限しか記述しておらず、棋譜カタログ的なあっさりした出来上がりとなっている。もうちょっと重厚に作れたのではないかと不満もあるのだが、典之先生はすでにこの世におられないし、何とも言えない。

 気に入ったエピソードをひとつ。土田正光九段との対局から。

「土田さんは木谷門下ですが、年齢も同じであり、勉強仲間でした。低段の頃は、『挑戦手合』をしよう、と言って、二人で寺にこもり、二日間かけて1局の碁を打ったものです。」

 全部並べたら方円書庫の方に記事を書きます。
posted by das53jp at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 棋書批評速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

天龍図





 予想以上にいい詰碁集です。1ページに2問問題が収録されていますが、古典的(実際古典の問題も)でシンプルな形の良問が揃っています。1が240問、2が260問ということでかなりのボリュームです。解答が簡潔なので、解答を熟読して勉強するというタイプの人にはちょっとつらいかもしれませんが、問題の質が高いことは保証します。これは買いでしょう。

 昨年出版された『鬼手・魔手 韓流 究極の詰碁』は、大仕掛けでマニアックな作りで、必ずしも一般向けではなかった(強豪向け、詰碁マニア向け)でした。今回の『天龍図』も同系統かと思われましたが、いい意味で予想を外しました。

 もう少しちゃんと読んでから方円書庫に記事をあげます。

posted by das53jp at 09:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 棋書批評速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。