営業時間 13時〜20時
   定休日 月・金(祝実は営業。詳しくはこちら
   席料 600円
    こども教室など各種教室講座あり。詳しくはこちら
  Twitterも一応やっています。

2010年04月13日

暗号解読



 最近読んだ本ですが、非常に面白い本です。
 暗号の作成と解読の歴史を紹介しています。途中で寄り道して古代文字の解読(線文字Bなど)も扱っています。
 著者のシンは非常に聡明な人で、難解な暗号の作成や解読の手法を、非常にわかりやすく解説してくれます。話の根幹を簡潔にまとめる能力が驚くほど高く、なるほどそういうことなのかと納得しながら楽しく読めます。
 昔からドイツのエニグマ暗号機に興味があったのですが、この本でその仕組みや、不可能にも思えるその解読がどうなされたのが分かり感激。またウェブ上での情報交換を安全にするために不可欠な素数を利用した公開鍵のアイデアには驚きました。世の中、頭のいい人はいるものです。

 暗号、ではないのですが棋譜というものも初心者にとっては意味不明な数字の羅列という意味では暗号的かもしれません。生徒には意味がわからなくても並べているうちにいろいろな発見があるよと教えているのですが、大抵は根気が続かないようです。棋譜並べが本当に意味のある練習になってくるのはアマチュア3,4段を過ぎてからかもしれません。もちろん早い段階から棋譜並べをするのが意味がないというわけではありませんが。
 私は高1のときにはじめて囲碁年鑑を買って、1年くらいかけて並べきりました。当時の棋力は初段くらいで、囲碁年鑑の簡潔な解説だけでは意味がわかりません。それでも並べ続けるうちに同じ形が反復されているのに気がついたりすることから、いろいろなことを推測するようになりました。暗号解読の一つの基礎は反復から暗号化の仕組みを推測するというものですが、棋譜並べもパターンから着手の意図を読み取ることができるようになるものなのです。
 ある形で、必ずノゾキを打ってからハネていることに気付いたとしたら、何かハネを先に打ってはいけない理由があるはずなのです。ありがたいことにプロ棋士の着手は非常に正確で、しかも自分が最大限得するような手を選んでいるはずですから、同じパターンが現れるということは、そこに動かし難い必然があるはのです。また特定のパターンを逸脱した手がでたとしたら、その局面にはいつもどおり打ってはいけない特殊事情があるということです。普通の場合での必然を覆した特殊事情とは何か?そんなことを考えてみることで、大局観なんかも身に付きます。
 もちろん、パターンに気がつけても、なんでそう打つかが分からないことの方が多いです。しかし、そういう謎は囲碁を続けていくうちにだんだん解けてきます。いつか、そういうことだったんだとわかる瞬間が来ます。非常に道のりは長いですが、そうして身に付けた考え方や知識が本当の意味での棋力になると思います。技術本を読むのは効率が良いのですが、よほど繰り返し読まないと薄っぺらな知識で終わることが多いように思います。

 囲碁が暗号解読と違うのは、棋風によって全然意図や解釈が違ってきたりすることです。
 棋風が違うから全然予想外なところに打たれる。それはまだよい方で、想定した手順はほぼ同じなのに、それを選んだ理由や形勢判断が違うということもよくあることです。お互いに納得の進行に見えて誤解の連鎖にすぎないことも。
 さらにアマチュアの碁なんてひどいもので、自分が何をしているかも気づいていないなんてこともしばしば。暗号的に楽しめるのはやはりプロの棋譜ということになるでしょうか。

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 
 
posted by das53jp at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

ただマイ・ヨジョーヌのためではなく



 後輩の太田君が推薦していたので読んでみました。

 感想がなかなか言葉にならないというたぐいの本で、感動したと言えばあまりにも陳腐だし、いたずらに修飾を重ねるのは虚ろな気分になります。
 改めて紹介するまでもないことですが、ランス・アームストロングはツール・ド・フランスで前人未到の7連覇をした伝説の人物。この本はツールを2連覇した時点で書かれた本だ。原題はIt's Not About the Bike。生い立ちから、若くして勝ち取った自動車選手としての成功、突然の癌の発病、壮絶な闘病と克服、そしてツールの栄冠までが描かれる。

 ランスの生きざまを見ていると、生きるということは、生を勝ちとることなのだと思わされる。 


 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 
posted by das53jp at 11:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。