営業時間 13時〜20時
   定休日 月・金(祝実は営業。詳しくはこちら
   席料 600円
    こども教室など各種教室講座あり。詳しくはこちら
  Twitterも一応やっています。

2010年09月06日

魯金事件

 先月の三星杯予選R組(女流)の準決勝、魯佳二段(中国)対金恩善三段(韓国)戦でちょっとした事件があったようです。私は中国語やハングルはわかりませんので不正確な情報で申し訳ないのですが、作って金三段が半目勝ちしたが、魯二段が「中国ルールの癖でアゲハマ1子を誤って金三段の碁笥に返してしまった。正しくは私の半目勝ち」と主張して揉めたようです。魯二段がその場ですぐそれを主張したのか、勝敗を受け入れた後から気がついて主張したのか、そのあたりの微妙な状況はよくわかりません。

 こういう事件を聞くと囲碁というものも変わったのだと感じざるを得ません。日本の感覚からすれば並べ返しをして、それで解決するでしょう。正しい手順(棋譜)を確認すれば、おのずから正しい結果が分かり、それで済むことです。スポーツで判定でもめるように、囲碁の結果でもめるというのはどうも違和感があります。スポーツの判定と違って、囲碁の対局には1枚の棋譜が存在するだけで、人為的な判断ミスで勝敗が左右されるものではないはずです。碁(棋譜)には嘘をつけないので、そこに対する誠実さはプロ棋士には不可欠だと思いますが、いかが。

 半目負けと手有を読み切って相手に「手を入れてください」と言った河野臨九段とは大違いだ。 


 
posted by das53jp at 20:32| Comment(2) | TrackBack(0) | プロ棋戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

テンコレ先生、逝く

 中山典之六段が亡くなった。

 訃報中山典之さん77歳(毎日新聞)
 囲碁棋士六段の中山典之さん死去
 
 中山六段は晩学で強い棋士とは言えなかったが、学識があり文筆の才があり、囲碁ライターとして昭和の囲碁界に無くてはならない大きな存在だった。囲碁いろは歌などは驚愕の芸である。

 学生のころ、囲碁将棋チャンネルの古典碁鑑賞番組の棋譜並べバイト(手バイト)をしたことがある。実戦の進行は学生二人が並べ(天井カメラで手だけ映る)、解説は大盤のカメラに切り替えて行う形式で、何回かピンチヒッターでバイトに行った。ある回のとき中山六段が解説で、聞き手は石井妙子さんだった。1日に2局撮りするのだが、片方は秀策秀甫の十番碁最終局、もう1局がはっきりしないが秀甫秀元だったか。石井妙子さんは現在は大活躍だが、当時はまだ駆け出しという感じで、かなり緊張していた。石井さんは、たしか中山六段著の『囲碁の世界』(岩波新書の黄版)を持参して、サインしてもらっていた。「いたずら書きさせていただきましょう」などといって中山六段が署名していたのが記憶に残っています。

 2回収録した本番のうち1回で、石井さんが聞き手の仕事に慣れていないこともあり、大幅に時間が余ってしまったのだがとてつもなくくだらない親父ギャグも交えつつなかば一人で時間を埋めてまとめてフォローしていたのが印象的だった。

 中山六段がかかわった名著は多いが、個人的には『小林光一囲碁必勝講座』『玄妙道策 』が繰り返し読んだ名著である。

 棋士は死して棋譜を残し、中山六段は多くの著作を残された。これからも多くの囲碁ファンに囲碁の魅力を伝え続けることでしょう。先生お疲れ様でした。安らかにおやすみください。


 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 
posted by das53jp at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ棋戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LG杯、孔傑先勝

 3番勝負が始まりました。
 結果は中国の孔傑九段の白番2目半勝ち。先日獲得した三星杯とあわせて2冠目に王手。李昌鎬はまたも準優勝に終わってしまうのだろうか?

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 続きを読む
posted by das53jp at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ棋戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

囲碁ニュースいろいろ

 棋聖戦は挑戦者連勝。
 コウに次ぐコウで面白い碁だったようですが、結局挑戦者の勝ち。

 謝依旻女流3冠誕生。一般ニュースでも報道されたようです。今後はリーグ入りや、世界戦での活躍に期待したいですね。

 BCカード杯、32強戦の日程が発表になりました。

 日刊囲碁「BCカード杯32強戦が開幕、注目の井山は?」

 山田規三生九段が2月4日に劉昌赫九段、井山裕太名人は2月5日に牛雨田七段と対戦します。
 最近は棋戦改革などで活躍している劉昌赫九段ですが、元韓国四天王の実力は折り紙つき。山田九段にとっては大変な相手でしょう。井山名人は、比較的恵まれた組み合わせなのでしっかり勝ってほしいところ。
 1回戦で李昌鎬を破った韓態熙アマは初日28日に安祚永九段に打ち取られた模様です。アマ選手はいなくなりました。

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン
posted by das53jp at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ棋戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

農心杯第10局

 昨日の記事大ボケでした。今日の相手は当然韓国。劉星が出てくるわけありません。

 そして、羽根本因坊連勝です。韓国朴永訓を初対戦で破りました。ここまで負け通しだったので、少し留飲を下げました。

 次回こそ劉星です。(しかししばらくお休みです)

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 
続きを読む
posted by das53jp at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ棋戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

農心杯第9局

 羽根本因坊やりました。謝赫をストップ!もっともこの碁で敗れたとはいえ、謝赫は大活躍。中国が優勝したらMVPものでしょう。

 次は劉星でしょう。難敵ですが、もう一発期待したいところです。


 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 
続きを読む
ラベル:羽根直樹 謝赫
posted by das53jp at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ棋戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

農心杯第8局

 またまた棋譜だけ。尹o相も撃沈。謝赫が止まらない。李昌鎬に昔並みの神通力がなければこのまま中国優勝か。
 この棋譜最後の方はわけわからんな。白130には必然性があるんだろうか。

 十段戦の方は山下棋聖が挑戦みたいです。

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 
続きを読む
posted by das53jp at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ棋戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

十段戦挑戦者決定戦&農心杯

 今日は十段戦の挑戦者決定戦ですね。

 高尾先生に無冠から脱してもらいたいので、高尾先生を応援します。山下棋聖が勝つと、天元、棋聖、十段と張栩3冠とトリプルマッチになるのでそれはそれで面白い。対戦成績はほぼ五分なので好勝負になるのはまず間違いないでしょう。

 もっとも個人的には農心杯の行方が気になります。
 今日謝赫が勝てば一気に中国優勝の流れ。劉星のほか、古常のWエースがばっちり残っていますから。
 今日の韓国はおそらくユンジュンサン(尹o相)でしょう。韓国は李昌鎬の神通力に陰りが見え、朴永訓も絶好調という感じはしないので、彼が謝赫、劉星を連破するくらいでないと苦しいとみます。

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 


 
posted by das53jp at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ棋戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

農心杯第7戦

 またしてもとりあえず棋譜だけ。
 残念ながら、山田九段敗れました。このままだと日本は第2ラウンドで姿を消すことになります。明後日の羽根本因坊に何とか頑張ってほしいところです。

 明日の韓国はユンサンジュンでしょうか。中韓は拮抗して面白い争いです。

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 
棋譜を開く
posted by das53jp at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ棋戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

農心杯第6戦

 とりあえず棋譜だけ。
 謝赫が連勝。今度はらしく細かい勝ち方みたいです。中韓は一進一退という感じです。

 明日は山田規三生九段の当番でしょうか。一発入れてほしいものです。

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 
棋譜を開く
posted by das53jp at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ棋戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

井山名人敗れる

 今日から農心辛ラーメン杯第2ラウンドです。
 第5戦、井山裕太九段(日本)vs謝赫七段(中国)は160手まで白番謝赫七段の中押し勝ち。今回の目玉であった新名人もあっさり破れ、1勝も挙げられずに終わるのではないかという不安がよぎります。

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 
 

 棋譜を開く
ラベル:農心杯 井山裕太
posted by das53jp at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ棋戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

BC杯64強戦結果

 日刊囲碁に結果が掲載されています。

http://igo.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/dailyigo/news.cgi?mode=view&no=5075

 日本勢は井山名人、山田九段ともに勝ちぬき。棋譜をチェックしていないのでなんともいえませんが、井山名人はかなり苦戦した模様です。
 そして優勝候補のひとり李昌鎬九段がアマ選手に敗退。アマといっても研究生、プロの卵でしょうが、それにしてもすごい。プロ棋士が予選を勝ち抜けない日本。研究生がトッププロを破る地力を持っている韓国。日本棋士は果たして韓国で入段できるんでしょうか?ちょっと心配になります。

 来週19日からはは農心杯第2ステージ。そして28日からBC杯32強戦。井山名人にとっては世界戦続きになります。厳しい戦いになりそうですが、なんとか頑張ってほしいですね。

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン
posted by das53jp at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ棋戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BCカード杯64強戦

 棋聖戦は挑戦者の先勝でしたね。

 今日はBCカード杯64強戦。組合せはこうなっています。

http://www.yigo.org/modules/news/article.php?storyid=2878

 井山名人は韓国アマと。山田規三生九段は中国の19歳とです。

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン
posted by das53jp at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ棋戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

BCカード杯予選決勝

 台湾サイトに結果が出ていました。

http://www.yigo.org/modules/news/article.php?storyid=2875

 53枠のうち日本0。予想された結果ではあるけど、厳しいものです。
 前回に続いて何名かのアマ(といっても韓国の研究生でしょうが)が抜けており、入段時のレベルで大差があることがうかがえます。

 国シードで井山名人と山田規三生九段が出場するようです。多勢に無勢ですが、なんとか活躍してほしいですね。
 そして、その64強戦は土曜日にあります。注目しましょう!

※実は明日明後日は棋聖戦の第1局なのですが・・・
 
 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン
posted by das53jp at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ棋戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

BCカード杯予選 組合せ

 中国サイトにありました。

http://weiqi.sports.tom.com/2009-12-31/00UP/24078716.html

 
 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン
posted by das53jp at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ棋戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

BCカード杯予選

 いよいよ明日から始まります。日本から誰が参加するのかさっぱり分からないのですが、棋士ブログにちょっとは情報が出てきています。

 BCカード杯(たかお日記)
 BC杯(ひろふみのブログ)
 
 BCカード杯は、本戦に入らないと賞金が発生しないため、予選で負ければ大量出血。昨年は日程が急であったこともあり日本からの参加者
0。今年は20名が参加するようです。参加しようと思う棋士が一人もいなくなったらそれこそ終わりなので、この数字には少し関心。
 ただし、たかお日記をみればわかりますが、本気で国際棋戦を戦う体制になっていない(高尾先生個人がというわけではなく日本の囲碁界のシステムが)のは深刻ですね。今回参加する20名の顔ぶれはわかりませんが、日本のトップ20というわけではなさそうで、そこにこそ問題があるように思います。


 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン
posted by das53jp at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ棋戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

孔傑優勝

 昨日棋譜だけアップしておきましたが、三星火災杯は孔傑九段が優勝。本格的な世界棋戦では初のタイトルです。

 これで年内の棋戦はほぼ終了。(正官庄杯はありますが)
 年明けに1月11日からBCカード杯予選、1月18日から農心杯第二ラウンド、2月下旬にLG杯決勝(孔傑VS李昌鎬)があります・

 BCカード杯はカットオフ制を取り入れた世界戦。本戦の国シード枠は非常に小さく(4カ国合計で8/64、他に前回優勝者とワイルドカード2)、ほとんどが統合予選で出場者を決めます。いわば実力勝負という様相が一番濃い棋戦で、日本にとっては厳しい戦いになるでしょう。

 農心杯はすでに2ダウン。金志錫が3人抜きした韓国と、それを止めた中国(謝赫)が1ダウンで拮抗しています。
 中国は絶好調の孔傑はメンバーから外れていますが、古常のダブルエースが強力です。韓国は李昌鎬がかつての絶対的な強さがなく、準エース格の朴永訓も最近はあまりぱっとしません。ユンジュンサンあたりが爆発しないと厳しいかもしれません。
 どんどん負けている日本は井山名人が第2ラウンドで登板の可能性も高くなってきました。(主将に温存しても最短で第9戦に出場可能です)先日の新鋭対抗戦では散々でしたが、こちらでは一矢報いてほしいところ。
 2月のLG杯は、個人的にはひさびさの李昌鎬の優勝がみたいですね。最近はすっかりシルバーコレクターになってしまったので悲しいです。棋譜を見ても全盛期では考えられない読み落としがあったりして衰えは隠せませんが。

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン
 
posted by das53jp at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ棋戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

三星火災杯決勝2

 孔傑が勝ってあっさり初世界タイトル獲得。

 とりあえず棋譜を載せておきます。棋譜を再生する
posted by das53jp at 21:46| Comment(3) | TrackBack(0) | プロ棋戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

三星火災杯決勝

 はじまりました。

 第1局は孔傑の白番中押し勝ち。古力に次いでbQというイメージが強い孔傑九段ですが、ここにきて頂点に立つチャンス。LG杯も決勝に残っているので2冠の可能性もあります。

 しかし、ここまで打って投げるって。棋譜を再生する
posted by das53jp at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ棋戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

またも勝てず

 今日は桐山杯の日中決戦がありました。
 結果は孫謄宇四段が羽根本因坊に黒番2目半勝ち。孫四段は17歳とか。張栩の3連敗も含めこれで中国7連勝。連敗が止まりそうにありません。

 ひょっとして中韓の棋士には互先では勝負にならないのでは?というのは口に出してはいけないセリフでしょうか。しかしまぁ、実際問題かなりの差がないとこれだけ負け続けられないと思われるので、何とも悲しいことです。
posted by das53jp at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ棋戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。