営業時間 13時〜20時
   定休日 月・金(祝実は営業。詳しくはこちら
   席料 600円
    こども教室など各種教室講座あり。詳しくはこちら
  Twitterも一応やっています。

2010年12月08日

部誌

 今年から静大の学生がときどき出入りするようになり、いろいろと楽しみだ。

 静大の囲碁部は何回か断絶があるらしく、現在の囲碁部は実質4年目という感じらしい。過去の歴史があるとはいえ、新しい部活と何ら変わりない。囲碁のことばかりでなく、部の運営のことなんかでもできるだけアドバイスするようにしている。ホームページを作るように勧めたらできあがり、棋譜の再現にも成功したようなので、今後とも楽しみ。みなさんもご注目を。

 静岡大学囲碁部HP
http://shizudaiigo.web.fc2.com/index.html


 もうひとつ勧めていることがあって、それは部誌の発行だ。何でも電子媒体の時代だから、部誌というのは時代遅れかもしれないが、それでも作る意義はあると思うし、何より制作自体が案外楽しいものだ。

 東大や慶応、東北大、京大といった所の部誌は製本されたものだったと記憶しているが、早稲田は一時期を除いて手作業で作っていた。A3の両面コピーで1枚の紙に4ページ分をコピーして、半分に折って重ねて本の形にする。重ねた状態で原稿がつながるようにするのでコピーの段階では一見ばらばらなページをペアにしていくので、慣れないと大変だ。そんなに難しくはないので慣れの問題だが。
 重ねた原稿を週刊誌のように綴じるためには特殊なホチキスが必要で、先輩が東急ハンズか何かに行って探して買ってきたような記憶がある。こんな感じのやつである。



 年2回のリーグ戦に合わせて2回、100部以上作っていたがなかなか良い思い出である。紙を折って重ねて綴じて。出来上がったときは素朴に充実感があった。今でも自分が編集した部誌は大切に取ってあり、よい思い出である。

 部誌制作をお勧めするもう一つの(裏の)理由もあるのだけど、それはここには書かないことにする。
posted by das53jp at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。