営業時間 13時〜20時
   定休日 月・金(祝実は営業。詳しくはこちら
   席料 600円
    こども教室など各種教室講座あり。詳しくはこちら
  Twitterも一応やっています。

2010年12月06日

左手

 私は右利きで、碁も右手で打つ。

 碁を打つ人ならわかると思うが、利き腕で打たないと調子が狂ってうまく打てないものだ。囲碁は頭で考えて打つものと決め込みがちだが、やはり人間は全身で碁を打っているのだと知る。普段の身体的な習慣を封じられると、思考にも変調をきたすものなのだ。

 話がそれるが、碁笥で石をじゃらじゃら鳴らしたりするのはマナー違反だが、そういう癖は一度つくとなかなか治らない。囲碁を打つことと深く結びついてしまった癖だけに、直そうとすれば碁の調子が狂い、碁を打つことに夢中になれば知らず知らずのうちに悪癖が顔を出してしまう。なにごともはじめが肝心で、入門時によい対局習慣を身につけるべきである。

 話を元に戻すと、数年前に思い立って左手でも右手と同じように対局できるように訓練を始めた。具体的には、棋譜並べを全部左手でするようにしたのだ。その年は棋譜並べは左手でしかしなかったが、1年でなんとか形になるようになった。案外時間のかかるものである。

 今でも右のほうがしっくりくるが、左手でも一応普通に打てる。左右使えばリーチが大きくなるので、多面打ちのときなどは非常に便利だったりする。

 右手と左手でのできの違いはよくわからない。公式戦のときは時計のたたき合いも想定するとどうしても右手になってしまう。いまだ左手で戦ったことはない。今度藤風会で試してみようか?
 
posted by das53jp at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も左手で並べるのに挑戦したことがありますが、
途中で気分が悪くなってやめました。

やはり慣れた動作というのは修正しづらいですね。
Posted by GO! at 2010年12月06日 21:20
はじめはつらかったですよ。
100局も並べれば段々なじんでくるでしょう。
Posted by だす at 2010年12月07日 21:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/172105423

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。