営業時間 13時〜20時
   定休日 月・金(祝実は営業。詳しくはこちら
   席料 600円
    こども教室など各種教室講座あり。詳しくはこちら
  Twitterも一応やっています。

2009年11月09日

日曜日の碁から

 桑原さんとの碁で、松田黒番。これはあまり検討する暇がなかった碁です。

図1 テーマ
09110904.jpg

 一番古典的な大斜定石の途中。ここでどうするか?

図2 参考図
09110905.jpg

 一番普通とされる進行は少し重い感じがした。
 黒3で上辺方面に行くのが一番普通かもしれない。ここでちょっと工夫してみたくなった。

図3 実戦
09110906.jpg

 黒1とかけてみた。実戦はデギリ。
 掛り一本は大斜の前の軽い利かしだったので、ここから戦いが始まれば、軽石が重くなる意味があって悪くないと考えた。
 よくわからなかったのが白2で、(気合いで)左上隅の黒2子を制しに来られる図で、その振り替わりの得失はよくわからなかった。

図4 実戦続き
09110907.jpg

 ともかく黒31まで。
 最初の構想としては中央の線を確保し左右の白を切っていくことができればというものだったので、この結果は大まかには満足だったのだが、どうも黒の形が熟していないようだ。ツケコシなどを狙われて気持ち悪い。
 黒11〜15に大いに問題がありそうだが、どうすればよかったのだろうか?
posted by das53jp at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。