営業時間 13時〜20時
   定休日 月・金(祝実は営業。詳しくはこちら
   席料 600円
    こども教室など各種教室講座あり。詳しくはこちら
  Twitterも一応やっています。

2009年06月19日

やはり廃定石か

 ちょっと前から星の2間高バサミ定石で考えていることがあり、それを実行する機会を得た。関東甲信越静囲碁大会で日吉さんと打った碁。松田白番。

実戦図
09061901.jpg

 白7がいまや見られなくなった手。昔は定石だった。当然デギリ(石が消えているが)を利かして黒14のハネだが、ここで白15と抱えられないものかと思っていたのだ。実戦はこのようになった。これは注文通りで満足だった。

参考図1
09061902.jpg

 いまやおじさん(おじいさん?)しか知らない変化と思われるので、若い読者のために一応廃定石を紹介しておこう。黒8までが昔皆が勉強した変化。これはやたらと利き筋が多く、白気持ち悪い。これに比べれば実戦図が大分勝ると思う。

参考図2(ここから白黒に)
090619034.jpg

 参考のために、やや似た形になる星の一間バサミ定石の出来上がりと比較してみよう。実戦図との優劣は微妙で、実戦の進行は少なくとも廃定石よりは勝り、定石として通用するレベルの分かれに思える。

 この変化について以前調べていたら、奇しくもお客さんの桑原さん(強豪)と呉清源の『現代定石活用事典』に同じ指摘を受けた。

参考図3
09061903.jpg

 切り込むのが第一感で、先手で形を手厚く整えて黒良しという。ポン抜けるので白もまあまあな気もするが・・・
 もっともこの実戦の布石で先手で決めつけられるとさすがにダメそう。

参考図4
09061904.jpg

 なので実戦のときに切り込まれたら意地を張ってこう打とうかと思っていた。一応白先手だが、黒4のカケツギで右辺の味がよくなってしまう。反対側の切り味は、アテてカケぐらいでもどうということはないようだ。

 いろいろ考えた結果、やはり押し上げは損なのかというのが結論。実戦のように決まるのならいいんですが。誰も打たないのにはわけがある。

blogram投票ボタン
ラベル:囲碁 定石
posted by das53jp at 22:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実戦図7の押し上げは定石じゃなくなったんですか?今の定石はツギですか?
Posted by nipparat at 2009年06月20日 19:32
 最近の棋譜で押し上げを見たことないんですが、nippaさんはそうでもないですか?ツギが多いですよね。
Posted by だす at 2009年06月20日 22:38
はじめまして、あっじょと申します。
nipparatさんのところで囲碁ボケを投稿してまして、そこからのリンクで訪問させていただきました。

私は棋力が1級で、とある囲碁スクールに通っているのですが、そこで生徒同士の実戦を某プロ先生が後で大盤を使ってチェックしてくれます。
半年くらい前のこと、2間の低いハサミでO-4に出て行った棋譜を見て、先生が「定石はこのハサミの時ではないですね。どのハサミの時でしょう?」と皆に尋ねられました。私は自信を持って2間高ハサミと答えたら、一瞬ポカンとされて、「あぁ、そのハサミでも確かにありましたね。最近は黒が厚いと見なして、あまり打たれなくなりましたけど。」と仰ってました。そこで初めて1間ハサミでも打たれる...というかそちらの方がよく打たれるということを知りました。

星の定石を古い本で覚えたので、私は2間高ハサミの方に愛着?があります...あのグルグル回しが好きで...
Posted by あっじょ at 2009年07月30日 21:58
 ぐるぐるまわしにする方は気持ちいですよね(笑)

 囲碁を20年もやっていると、定石の移り変わりを大分目の当たりにします。一面では進歩しているのでしょうが、反面単なるはやりの部分があることも見えてきます。
 あまり打たれていなくてもよい手は多いはずと、最近は考えています。
Posted by だす at 2009年08月03日 09:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。