営業時間 13時〜20時
   定休日 月・金(祝実は営業。詳しくはこちら
   席料 600円
    こども教室など各種教室講座あり。詳しくはこちら
  Twitterも一応やっています。

2009年05月22日

ツケノビの原始形

 うちの教室では定石というのはほとんど教えません。みんな好きに打っています。星付近から打ち始めるのが普通とか、カカリとかを教えるような教えないような。私とかが説明するというよりも、棋譜並べとか指導碁とか上位者との対戦で、なんとなく覚えていくという感じでしょうか。

 面白いことが一つ。
 大抵の入門者〜二桁級の生徒と打つとこうなります。

09052201.jpg

 カカルとつけられる。大抵ここにツケられます。多分石をとりたいからのツケで、ツケるとするとここが自然なのでしょうか。
 ハネるとハネる。傷を気にせず、どんどん相手のダメを詰めようとする初心者の特徴が見事に出ています。この手で伸びで我慢できるようになかなかなりません。まあこのハネは悪手とも言えないのでよいのですが。
 調子で白も5と2段バネですが、ここで両アタリをしっかり守れるようになると大したものです。しかし、むやみにアタリやキリを打って自滅がよくあるパターンです。
 同じ形で何回もつぶれていれば、そのうちツケノビ定石に進化しそうなものですが、なかなか原始形から進化してくれません・・・

 
ラベル:囲碁 定石
posted by das53jp at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。