営業時間 13時〜20時
   定休日 月・金(祝実は営業。詳しくはこちら
   席料 600円
    こども教室など各種教室講座あり。詳しくはこちら
  Twitterも一応やっています。

2009年05月15日

羽根直樹『戦わずして勝つ方法』



 先日空き時間に本屋で少し立ち読みしました。ちゃんとした書評ではなく雑感ですので、方円書庫ではなくこちらに。

 要するに大きいところが分かっていれば、普通に打っていて(囲いあい)で十分いけるはずだし、無理に戦う必要が少なくなるというということですね。これは同感です。

 日頃指導碁とかを打っていて、局後に勝敗を分けた手どころ(死活)について質問を受けることは多いのですが、多くの人がなぜ自分がそのような苦しい戦いをせざるを得なかったのかということには疑問を持たないのです。これは盲点なのかもしれませんが、置石を置いていてリスクたっぷりな戦いをしている時点で何かがおかしかったのです。
 囲碁は中終盤が重要ですので、布石に凝りすぎるのも考え物ですが、やはり序盤はうまくいけば流れがよくなります。相手に勝ろうというよりも、後れを取らないように打つのが肝心だし、そのための知識はあった方がよいでしょう。 
posted by das53jp at 11:17| Comment(0) | 上達法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。