営業時間 13時〜20時
   定休日 月・金(祝実は営業。詳しくはこちら
   席料 600円
    こども教室など各種教室講座あり。詳しくはこちら
  Twitterも一応やっています。

2010年02月26日

ただマイ・ヨジョーヌのためではなく



 後輩の太田君が推薦していたので読んでみました。

 感想がなかなか言葉にならないというたぐいの本で、感動したと言えばあまりにも陳腐だし、いたずらに修飾を重ねるのは虚ろな気分になります。
 改めて紹介するまでもないことですが、ランス・アームストロングはツール・ド・フランスで前人未到の7連覇をした伝説の人物。この本はツールを2連覇した時点で書かれた本だ。原題はIt's Not About the Bike。生い立ちから、若くして勝ち取った自動車選手としての成功、突然の癌の発病、壮絶な闘病と克服、そしてツールの栄冠までが描かれる。

 ランスの生きざまを見ていると、生きるということは、生を勝ちとることなのだと思わされる。 


 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 
posted by das53jp at 11:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

買いたい本など



 なんと『傑作詰碁事典』の改訂版がでる。これは大変な名著なのだが、蔵書に無く残念に思っている一冊だ。実は偶然にも市立図書館で旧版を借りているところで、久々読み返しているところ。あらためてすごい詰碁集と思うので、この改訂版はぜひ購入したい。



 これも当然買いたい。生徒にも何人か買わせるつもりです。海外での定石の進化が早いのであっという間に旧型だらけになる可能性も高いですが、事典として体系的にまとめられている価値はあります。

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 
posted by das53jp at 11:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

孔傑2冠達成

 遅くなりましたが。
 あっさり孔傑が連勝して2冠達成。チャンホはまた準優勝。
 上辺の寄り付きは厳しかった。

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 続きを読む
posted by das53jp at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

テンコレ先生、逝く

 中山典之六段が亡くなった。

 訃報中山典之さん77歳(毎日新聞)
 囲碁棋士六段の中山典之さん死去
 
 中山六段は晩学で強い棋士とは言えなかったが、学識があり文筆の才があり、囲碁ライターとして昭和の囲碁界に無くてはならない大きな存在だった。囲碁いろは歌などは驚愕の芸である。

 学生のころ、囲碁将棋チャンネルの古典碁鑑賞番組の棋譜並べバイト(手バイト)をしたことがある。実戦の進行は学生二人が並べ(天井カメラで手だけ映る)、解説は大盤のカメラに切り替えて行う形式で、何回かピンチヒッターでバイトに行った。ある回のとき中山六段が解説で、聞き手は石井妙子さんだった。1日に2局撮りするのだが、片方は秀策秀甫の十番碁最終局、もう1局がはっきりしないが秀甫秀元だったか。石井妙子さんは現在は大活躍だが、当時はまだ駆け出しという感じで、かなり緊張していた。石井さんは、たしか中山六段著の『囲碁の世界』(岩波新書の黄版)を持参して、サインしてもらっていた。「いたずら書きさせていただきましょう」などといって中山六段が署名していたのが記憶に残っています。

 2回収録した本番のうち1回で、石井さんが聞き手の仕事に慣れていないこともあり、大幅に時間が余ってしまったのだがとてつもなくくだらない親父ギャグも交えつつなかば一人で時間を埋めてまとめてフォローしていたのが印象的だった。

 中山六段がかかわった名著は多いが、個人的には『小林光一囲碁必勝講座』『玄妙道策 』が繰り返し読んだ名著である。

 棋士は死して棋譜を残し、中山六段は多くの著作を残された。これからも多くの囲碁ファンに囲碁の魅力を伝え続けることでしょう。先生お疲れ様でした。安らかにおやすみください。


 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 
posted by das53jp at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ棋戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LG杯、孔傑先勝

 3番勝負が始まりました。
 結果は中国の孔傑九段の白番2目半勝ち。先日獲得した三星杯とあわせて2冠目に王手。李昌鎬はまたも準優勝に終わってしまうのだろうか?

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 続きを読む
posted by das53jp at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ棋戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

カーリング



 今日はまじめに仕事していたのでほとんどオリンピックは見られず。

 男子フィギアは高橋選手がめでたく初メダル。3人すべて入賞と、好成績でした。最近のオリンピックでは女子がメダルを稼ぐ傾向にありますが、今大会は男子が3枚。日本男児、意外な(?)健闘です。

 個人的にはカーリングが熱い。今日も帰宅後に再放送を観戦しました。
 カーリングは氷上のチェスだそうですが、知的なスリルに満ちていて見ていてい非常に面白い。次の一手を読む楽しみや、10のエンドをどう戦っていくかという長期的な戦略が必要とされるところなどは囲碁にも通じるように思います。ストーンというところにも親近感が(笑)冬のスポーツの中では割合簡単にできそうにも見える(ストーンが高いらしいが)ので、今回の女子カーリングの活躍如何によってはブームが来るかも。
 初戦のアメリカ戦から非常に面白いゲームが続き(カナダ中国には負けてしまいましたが)、今日も非常にいい試合でした。前回も健闘していましたが、今回は相手のスーパーショットにスーパーショットで返していくようなたくましさがみえて、準決勝進出もあり得るんじゃないかと期待しています。予選は10チーム総当たりの長丁場ですが、頑張ってほしいです。

 男子のカーリングもみたいのですが、日本が出ないので見られません。日本の男子もオリンピックに出られるぐらい強くなってほしいですね。

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン  
posted by das53jp at 22:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モラル

 うちの碁席は入り口に下駄箱があって、靴を脱いであがる形式。一応粗末なものだがスリッパを用意してあるので履き替えてもらう。常連さんの中にはマイスリッパ持参やマイスリッパ下駄箱キープという方もいる。

 このスリッパがたまに玄関に脱ぎっぱなしで散乱することがある。かなりひどい状態に。私が指導碁を打っていたりして手が離せずにいるとかなりの確率でそうなる。うちのお客さんは皆マナーのいい人ばかりなので、この現象はちょっと不思議に思っていて、余裕(?)のあるときは玄関に目を配っっている。
 面白いのは散らかっていないとみなちゃんと片付けて帰るのに、誰か一人が片付けないとそこから連鎖的に散らかっていくことだ。その加速度的悪化にはちょっと驚く。人間のモラルと社会の健全性の成立危うさを垣間見る気がする。安心して暮らせる社会というのは日本では当たり前のことにさえ思えるが、ちょっとした悪事が常態化すればそれが広がるのは恐ろしく早く、楽観視しない方がいいと思う。
 逆にいえばほんの少しのことでモラルは保たれるし、改善するということでもあるだろう。スリッパにしても私がこまめにチェックしていれば散らからない。他の人のスリッパまで片付けてくれる親切なお客さんもいて、そういう行動に助けられてきれいに保たれる場合もある。環境がよければ行いがよくなる確率はぐっと高まるのだ。

 治安の悪化とか地域社会の崩壊などということも言われるが、そういうたいそうな社会問題も、案外素朴な行動(挨拶とか)から解決できるのかもしれない。

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン  
posted by das53jp at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

敗着の心理分析

 平岡聡さんが世界アマチュア囲碁選手権で初優勝したとき、『棋道』で大きく取り上げられ、中国戦の棋譜も詳細な解説付きで掲載された。(『囲碁クラブ』でもアメリカ戦の棋譜解説中心に大きく取り上げられていたような気がする)内容は完勝で、平岡強しの強烈な印象が今でも残っている。その記事の中に「敗着の心理分析をするのが好きです」というひとことがあり、それがひじょうに心にひっかかてきた。

 私自身は基本的に囲碁は盤面を見て打つものだと考えるタイプで、相手が誰かということは考えないし自分の心理状況などというものも興味の外だ。答えはすべて盤上にあるのであって、より正確にその局面を理解できたら勝てると思っている。着手の意味や効果を考えることはあっても、その着手の裏にある「心理」などというものにはあまり興味がなかった。今でも基本的にはそうだ。「敗着の心理分析」などをするという意味がぴんとこなかった。

 ただここ数年いろいろ考えるところがあって、この「敗着の心理分析」は非常に面白いし、有意義なことだと思うようになった。

 人間だから悪い手を打ってしまうし、悪い手を打てば負けてしまう。そこで問題なのは、悪い手を打とうとして悪い手を打ってしまったのではなく、良い手だと思い込んでいたり、勝つための一手として悪い手を打ってしまうことだ。悪い手を論破することや、良い手といわないまでもそれよりましな手を示すことはそう難しくない。しかしそれはなぜそんなつまらない手を打ってしまったかという答えにはならない。自分の敗着であろうと、誰かの敗着であろうと、それはその瞬間にはいい手だと(少なくとも悪い手ではないと)思って盤上に置かれたのだ。なんでそんな錯誤が起きたかを深く追求することは重要だし、そのときに「心理」を考えることは非常に重要だ。どういった状況になると自分はどんな行動に出るのか。自分が形勢判断のミスをするのはどんなケースが多いのか。そういうことを知るのはとても有意義だ。

 これは第16期棋聖戦7番勝負第7局の1場面である。挑戦者山城宏九段が黒番、小林光一棋聖が白番。

10021701.jpg

 黒1を絶対の先手と見ていた山城九段は白2を見てびっくり。白6が変な形だが、最強の頑張りで白は死なない。(この手の奇妙な姿と、その意外な効果には見ている方も驚いた)これは単純な見落としだろう。
 問題はこの後で、実はこの白は死なないが、黒が巧妙に攻めれば大きく寄せることが可能なのである。(実はその手順がわからなくて今困っている・・・)その手段を効果的なタイミングで行使していれば黒は大分勝ちやすかった。山城九段は最後までそれを見逃し細碁になり、細碁は小ヨセで2目損して半目負けという、悪夢のような負け方をした。(小林光一棋聖は7連覇を達成)

 山城九段はなぜその手段に気がつかなかったのだろうか?山城九段はトップ棋士であり、当時絶好調だった。時間もたっぷりある2日制の碁。どう考えても山城九段なら気がつきそうなものだ。それを見逃したのは、どう考えても白6を見損じた後悔や動揺のために、読みに粘りを欠いたとしか考えられない。

 自分でもそういうことがあるし、毎日碁席で他人の碁を見ているとよくわかるが、人間にはミスに気がつくとかっとなって早打ちになったり、ミスをした部分から目をそむけて何も考えなかったりする習性がある。ミスをしたら、どういうミスなのか、どれくらい損してどういう状況になったのかということを客観的に把握することが重要だ。そのうえで新しい計画を練り直さねばらなない。それは当たり前のことだが、実に難しい。人間には心があるからだ。最近は、本当の意味でミスを減らしたいならば、自分の心理状況も含めて反省してみる必要があると考えている。そうしないと、知識をいくら増やしても同じ過ちを繰り返す恐れがあるのである。

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 
posted by das53jp at 19:48| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィギアスケート



 今日の女性教室は半分オリンピック観戦でした。講義中はテレビを消していましたが、それ以外はスイッチオン。

 日本の3選手は、それぞれ大きなミスもなく納得のできそうな内容でしたので、よかったですね。特に高橋選手は会心の演技ではなかったかと思います。プルシェンコには期待していたのですが、案外つまらない演技。ジャンプはすごすぎますが、それだけという感じも。今日の内容なら高橋かライサチェックの演技の方が好きですね。

 オリンピック観戦は、もちろんメダル争いも面白いのですが、個人的には「入賞」と「自己ベスト」に敬意を払うことにしています。4位〜8位も大変立派な成績ですし、大舞台で自己記録を更新することはとてもすばらしいことです。たとえびりでも自己ベスト更新には拍手をすべきだと思います。

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン  
posted by das53jp at 18:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

ちゃんと掲載してほしい!

 静岡県の新人戦は、正式名称が「静岡県高校囲碁新人十傑戦」で、最上位のA級は上位10名が表彰される。私も高1のときに6位に初入賞して、それがすごく励みになった記憶があります。昔はA級の10名がしっかり名前が載っていました。

 しかし最近は、本の一部しか名前を掲載してくれません。今日の記事はカラー写真がついていてよい方でしたが、名前の掲載は全国代表に絡んだ選手と各クラスの優勝者のみ。ずいぶん扱いが小さくなったものです。後援事業なのだし、地元紙なのだし、もう少ししっかり記事を掲載してほしいですね。

 昨日の日記に書きそびれましたが、大会終了後翔太が碁席に来たので藤風会終了後も碁席にいた渡辺さんや諏訪部くんとともに翔太の碁をいろいろ検討しました。渡辺さんクラスの人に碁を見てもらえる機会はなかなかないので翔太も勉強になったでしょう。渡辺さんや諏訪部くんは帰りが遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
 藤風会は地域の高段者の研究会ですが、できれば若手育成にも一役買って行きたいと思っています。いままででも諏訪部くんや乗松くんなども参加してくれていますが、今後はもっと活動が広がると嬉しいのですが。

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 
タグ:静岡新聞
posted by das53jp at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

高校新人戦

 生徒からのメール情報なので完全ではありませんが。

 男子が、優勝乗松くん(明誠)、準優勝富田くん(浜名)、3位荒井くん(明誠)で、この3人が代表になったようです。洸矢くんは何故か出場せず、他の有力候補では水品くん(日大三島)や青木くん(磐田東)がどんな成績だったか気になります。
 乗松くんは実力者ですが、次点など惜しい成績に終わることが多かったのですが、今回は堂々の優勝です。よかったですね。

 女子は敦美が優勝したようです。もちろん実力を発揮できれば大丈夫とは思っていましたが、期待通りの成績でよかったです。

 東高の生徒たちは、孝介と翔太、洸貴がA級で3勝2敗(11位と13位?)、雄太が2勝3敗。孝介と翔太は高校入門組なので、経験者が多いA級でこれは立派な成績です。洸貴、雄太はまだ1年ですし。
 B級では匠吾が準優勝。昨日の特訓の成果が出たか。一登、宏基、知秀も3勝2敗で勝ち越せたようです。将也は調子が出ず1勝どまりだったようです。北高の颯一郎もB級に参加しましたが、順位はわからず。上位に入る力はあると思うのですが。
 健太郎はC級で優勝。
 みんな頑張りました。 

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 
 
posted by das53jp at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ棋戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月藤風会

 2月藤風会の参加者は桑原さん、忽戸さん、諏訪部くん、増田謙さん、渡辺さん、松田の6名。今日は高校生の大会で、後藤先生や山下先生はお仕事。

 優勝は3連勝の桑原さん、2勝1敗が渡辺さんと松田でした。

 私は割と布石がワンパターンな人なので、今日は意図して滅多に打たない布石を試した。第1局が黒番の3連星。第2局は白番の第一手目を小目。第3局が黒番で中国流。3連星は嫌い、白番だと9割がた2連星、中国流は嫌いではないがありふれた布石になるのでいや。3連星を使ったのは高校時代以来かもしれない。
 どんな布石で打っても、打ち方がまずいということには変わりはなく、あまり影響はないようです。

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 
  

posted by das53jp at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

明日は藤風会

 今日は大会前日ということもあって、高校生がたくさん練習に来ました。匠吾とかは9時の朝稽古から閉店間際までいたので10時間以上練習。すごい熱意です。良い結果が出るといいんですが。

 今日は張栩碁聖と山下寛くんの公開対局が静岡市の静岡新聞社でおこなわれていました。棋譜もライブ中継されていました。詳しくは静岡新聞のホームページで。
 見に行っていたもんちゃさんが、夕方わざわざきてくれてどんな碁だが見せてくれました。(ありがとう)寛くんらしい碁でしたが、さすがコウの張栩、玄妙な打ちまわしで碁にされてしまった感じです。

 明日は、藤風会。
 午前中、静高で行われる新人戦を少し見た後藤枝に向かうつもり。静高で、公開対局の記録係をした諏訪部君を回収(?)するので、藤風会で公開対局の棋譜をつっつくかもしれません。

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 
 
posted by das53jp at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

ゆうちょ杯

 ゆうちょ杯、終わりました。

 とりあえずチャンピオン戦の上位メンバーを報告しておきます。3位までは毎日新聞に載るとは思いますが。

優勝  堀井勇祐 4勝 
準優勝 杉本昌義 4勝 以上2名全国へ
3位  斎藤裕真 3勝1敗
4位  佐野飛鳥 3勝1敗 
5位  高橋友斗 3勝1敗

 当日参加希望者が何人かでて、コントロールに苦慮しました。慶一くんに助けられて無難に進めることはできましたが・・・
 参加者増はうれしいのですが、やはり全勝者が1名になる試合数が望ましい。高段者と低段者のギャップもあったのでこの人数なら昨年と同じく2部制にしてもよかったですね。数日前の状況では1部でいいかと思ったのですが。
 
 堀井くんは千葉県、杉本くんは山梨県、佐野くんは神奈川県と他県からの参加者が大活躍でした。高橋君も現在は愛知県の学校に進学していますので、純粋な5位までの地元勢は斎藤君ひとりでした。来年は県勢の奮起を期待します。
 杉本君は昨年も参加してくれたので覚えていましたが、体が大きくなっていて見違えました。碁の方も大分成長していて師匠の草場さんの指導の賜物でしょうか。
 堀井君とは昼休みのときに少し話しましたが、ちょっとした空き時間でも玄妙道策を並べて、今碁に夢中という印象でした。碁に楽しそうに取り組んでいるこを見ると嬉しくなります。

 今日はやはり静岡市で大阪商業大学杯の予選も行われていて、そちらも山梨の古屋くんが代表権を獲得したようです。洸矢くんは2位。

 うちの教室では直樹の8位が最高。和平もよく頑張っていましたが、最終戦で直樹に打ち取られ馬群に沈みました。流星、佳奈、認定戦の陽、智夫、東吾なども頑張っていたけど、望んだ結果には到達できず。良い部分もあったのですが、勝負は結果がすべてという厳しいものです。でもくじけずにチャレンジし続けてほしいです。

 面白かったは、普段は教室内最強で恐れられている(対局を逃げられる)直樹ですが、こういうときは下の連中が直樹に「勝った?勝った?」と聞いたりしていることです。普段負かされている相手は強くあってほしいのでしょうか、直樹が勝つとほっとするようです。

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 
posted by das53jp at 22:03| Comment(2) | TrackBack(0) | アマ棋戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

いよいよ明日

 いよいよ明日、ゆうちょ杯こども囲碁大会の静岡大会です。
 広域の大会なので山梨県など他県からの参加もあります。楽しみですね。

 主たる準備は塾長がしてくれますので私は基本的に体で一つで参加すればOKで、楽をさせてもらってます。それでも一応前日はアプリケーションの動作確認くらいはしますが。明日は時間的にタイトになりそうなので慶一くんと協力して、一に正確に、二に迅速に大会運営をしたいと思います。これまでのトラブルは確認ミスが原因となったものがほとんどで、急ぐときほど確認が肝心と自分にいいきかせて最後の準備としましょう。

 教室の生徒の戦いぶりも気になります。とりあえずどんな成績であろうと一生懸命打ってほしいです。

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 
posted by das53jp at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

野放しにされいるのがわからない



 「よい目的」のためにはどんな暴力も許されるのだろうか?
 まったく正気の沙汰ではない。

 真に問題解決したいならば暴力は使わないはずだ。騒ぎを大きくし自らの存在を誇示したいだけではなかろうか。

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 
posted by das53jp at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名局細解

 今日は夕方から高校生の教室。翔太、雄太、知秀、匠吾が練習してました。ちっちゃいひなも来ましたが。

 最近知秀、匠吾の心境が著しい。特に匠吾は日に日に強くなっている感じです。やる気も充分で、月刊囲碁の付録の名局細解を毎回借りていっては勉強しています。努力が結果に反映されるので面白いのでしょう。この勢いだと団体戦のレギュラー争いにも加わってきそうな勢いです。

 名局細解はいい付録ですね。


 月刊囲碁はこれほしさに購入している人もいるでしょう。私もそうでした。でした、というのは月刊囲碁も月刊囲碁ワールドもを昨年末から買うのをやめてしまったからです。毎月買って何となく読み流すことの繰り返し(マンネリ)になってきたので、あえて買わずにいようと思ったのです。なんでも餓えというのは必要で、情報過多になると吸収が悪くなります。情報を断ってみて興味の回復を待っている段階です。
 もっとも、最近の囲碁雑誌はレベルが低くて面白くないというのも理由の一つではあるんですが・・・・ 

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン
posted by das53jp at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

武者修行

 現在日本と中韓との実力差はかなりあると言っていい。客観的に見れば囲碁の普及度と育成システムが違いすぎるので仕方のないことかと思う。現状考えれば、むしろ善戦しているのかもしれない。

 ただちょっと気になることがある。

 以前は中国や韓国の棋士が日本に来て勉強していたわけだが、立場が逆転した以上、日本の棋士は向うへ渡って勉強する機会をもっと増やさないといけないのではないかと思う。中野杯や新鋭対抗戦などの機会はあるが、それでは足りないのではないか。個人的にでも向こうに留学するぐらいの気合のある棋士はいないのだろうか。日本棋院も若手の有望棋士などを数カ月中国や韓国などに送り込むくらいのことは考えていいと思う。(中国ならさほど生活費がかからないと思われるので、東京の都心で暮らして囲碁をするよりもコストパフォーマンスもいいようなきがする)

 昔の中国棋士は、囲碁の勉強のために日本語も勉強していた。聶衛平は対局中に日本語でぼやいたりしていた。今日本の棋士で最新の囲碁情報を得たくてハングルや中国語を勉強している棋士は何人いるんだろうか?(確か瀬戸大樹七段はハングルを勉強していた気がする)


 今の日本棋院を見ているとかつての囲碁大国の看板を下ろせずにいて、学ぶ謙虚さみたいなものに欠けているのではないかと思ってしまう。

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン
posted by das53jp at 21:20| Comment(4) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こども大会会合

 今日は11日のゆうちょ杯の最終確認や5月(予定)の少年少女のことで会合がありました。

 ゆうちょ杯静岡大会には山梨県などからも参加があるようで、うれしいことです。
 ゆうちょ杯チャンピオン戦の方は参加予定が24名で、会場の時間制限の関係で持ち時間35分で4回戦で行います。2名の代表は誰になるでしょうか。前回から大学生の佐藤くんがアシスタントに入ってくれているので、スイス方式の運営が大分楽になりました。助かっています。

 今週は11日にゆうちょ杯、13日に公開模範対局、14日に高校新人戦と囲碁イベントが連続でもりだくさんです。

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 
posted by das53jp at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

忙しいのが楽しい

 今日はいろいろ忙しくて楽しい一日でした。ありがたいことです。

 こども教室は新入門の共平が頑張っています。熱心なので長く続けてくれそうな感じがします。最年少の誠も徐々に力が付いてきて楽しみ。最近は碁の勝負勘がついてきて、対局途中に自分の負けを見通して不機嫌に(口をとがらせている)なることも。
 午後にはまた新たに見学希望の問い合わせもあり、今後が楽しみです。

 今月は月間リーグの参加者が少し増加しそうでそちらも楽しみ。(今日も3名増)今のところ高畠さんが好調に星を伸ばしています。毎回ビデオを借りていく熱心さが実を結びましたか。

 帰宅してみると、張栩の本が来ていました。さっそく読もうともいます。来週の土曜日には張栩碁聖は来静して山下寛県選手権者と公開対局を行います。人気沸騰でなかなか入場券がもらえないみたいですが、見に行かれる方はこの本を買って行き、(機を見て)本に署名をおねだりしてみるのはいかがでしょうか?
  
 

 もっとも、今まだこれらを読んでいるので、なかなか時間がないかな。カスパロフの本は本当に面白い。いずれ書評を書こうと思います。



 

 ブログランキング参加中です!
blogram投票ボタン 

posted by das53jp at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。